kinoka say について

占い 子育て 糖質制限 分子栄養学 アイハーブのことなど日々の事を綴ります。 私金のインディアン 夫K銀の鳳凰 娘M銀のインディアンの3人家族です。

癌性痛

母の肩、太もも裏の痛みの原因について調べていたら心当たりのものを見つけました。

がん性痛痛みと鎮痛の基礎知識 – Pain Relief ーがんの痛みリンクplaza.umin.ac.jp

上記サイトより下矢印

週末MRIを取れば違った原因を言われるのかも知れませんが、疼く痛み。と言うのは母の症状と合致しています。

現在ステロイドがよく効いてますが、怖い薬ですよね。
友人のご主人がリウマチで長年ステロイドを使い、骨が穴だらけになっています。
それを腰骨から直接注射してるため、もっと早く害が出るはず。

母の親指が痺れてきています。

大好きな縫い物を毎日してるけど、出来なくなる日が来るのはかわいそう。

これはメガビタミンでどうにかなるのでしょうか?

こちらは下記サイトより。

高濃度ビタミンC点滴で悪性リンパ腫が縮小高濃度ビタミンC点滴で悪性リンパ腫が縮小 – ひろい内科クリニックhiroi-nc.com

神経にも発癌するんですね。
怖い病気です。
よく発ガン性物質が含まれてると分かって食べてしまってるものってないですか?

母の苦しみ様を見てるとやっぱり控えようと思います。

最近の便通管理

昨今便秘しやすくなって、あれこれ試してましたが今のところスリムティに落ち着きました。

リンゴ酢とかサイリウム、ロイテリヨーグルトもいいんだけど作る時間が取れなかったり、冬はお腹が冷える問題もあってだいぶ前に買ったアイハーブのフルーツティーがしっかり出してくれるため毎日お世話になっています。

その噂のフルーツティーがコチラOK

21st Century, ハーブスリミングティー、ハニーレモン、カフェインフリー、24ティーバッグ、1.7オンス (48 g)jp.iherb.com

フレーバーも8種類と豊富でおいしく飲めて何といってもコスパがいい拍手

24パック入りで300円台ですウインク

こういったお茶の困る点は余ることです。

1パックをお湯500ccでとったとして、私一人で全部飲んだら腹痛でえらいことになります。

だけど主人はこれを飲むと出過ぎて出先で困るから、パスといわれるしあせる(もとが快便なので必要なし)

娘に飲ますにもやっぱり余るタラー(ティーを飲むとさらにドサドサ出るとは言っている)

そんなわけで自分が必要量飲んだら後はペットボトルに取りおいて、冷蔵庫で保管し毎日必要量飲むことにしたら1週間近くもちます!

毎日腸をしっかり働かせたいのと、便通を軽くフォローするイメージで少量飲むんだけど、これがここちよく出てくれるのと量がしっかり出て驚きますびっくり

そしてお腹が軽いニヤリ

このフルーツティーにはセンナが含まれています。

センナは便を軟らかくするのではなく、腸に作用し、腸のぜん動作用を活発にするので 女性に多い弛緩性便秘に効果があります。

特に女性は腸の自然な動きが鈍くなることで 便秘になりがちですから、センナを使うことで解消されやすいと言われています。

iHerb

担当医と話す

昨日の続きです。

やっと迎えた診察時間。

しかし、母は嘔吐し寝ていたのでその時は代わりに主人が担当医と話してくれました。

担当医は開口一番、昨日はすみません。

と謝られました。

意外でしたが、その後は母の病状などちゃんと話して下さり、MRIを患者の様子を確認せず無理に撮ろうとしたことも詫びて下さいました。

ただリンパ腫の神経への転移を見るために、MRIは必要とのこと。

また母に対して、今後は説明をちゃんとしていくようにするとも言ってくれました。

つい2時間ほど前に、母に納得出来ないなら治療をやめてもらっていい。

と、言われたばかりだからこれが担当医の本音かは疑問だけど、高濃度ビタミンC点滴を打つことは構わないし、入院の際サプリを持ち込むことも全然構わないと許可を頂けたのでその点はよかったです。

一昨昨日は私を完全拒否モードに感じたし、弱い母のほうにむけるのでこちらとしては人質を取られた気分でした。

だって処置室に入れば何が起こってても私はわからない。

なので今回は理解しあえて?とりあえずはよかったです。

肝心の母の方は痛みが酷く、またステロイドを入れてもらって吐き気に耐えながら帰宅。

そのあと朝まで久々にぐっすりでした。

薬剤師がびっくりするほどキツイ、トラマールという薬が出ていて、吐き気がするようで食事があまり食べれません。

本人はビタミンC点滴に通いたい!と言って希望を捨てていません。

C点滴はよほど体が楽だったようです。

担当医の怒りに触れる

一昨日は母の通院だったけど、私が付き添って診察室に入り挨拶をしても、担当医は無視。

明らかに機嫌が悪く、話もろくにしない。

そして、診察室から追い払うかのような扱いを受けました。

私が点滴を断ったのが逆鱗に触れたのか?

これまでとあまりの態度の違いにひいてしまいました。

感じのいい先生のはずだったんだけどな。

母に先生今日はいつもと違う?って聞いたら、いつもあんな感じだというびっくり

そして、今日はMRIをとるとのことで朝の8時に痛みで寝てない母を連れてまた日赤へ。

ところがMRIを頑張って受けようとした母だけど、痛みに耐えきれず途中で動いてしまい断念。

そこから脳脊髄液を取る際、担当医に「日赤の治療方針が納得いかないなら治療をやめてもらって結構です。「」

と言われたそうポーン

私が気に入らないなら、私に言えばいいのに体重36kg。

年老いて癌の苦しみにのたうち回る患者に対して言う言葉か‼️

それも処置の最中!

唖然としました❗️

患者の痛みも苦しみも慮れないなら医者になんかなるな‼️

と、さすがに悲しくなりました。

その後またMRIを取るという。

ベルトで固定され1時間ですよ。

あちこちに激痛が出てる人間が耐えれると思いますか?

さすがに母がもう無理だから断ってくれ。

と、言ってきたのでこちらからこんな状態では無理でしょ。

酷い痛みが何日も襲って昨日の皮下注射だって効かないレベルなんですよ⁉️

と、訴えて理解してもらったけど、なんでプロがそんなことも素人に言われなきゃ分からないのか?

日赤が酷いのか?これが日本の医療現場のスタンダードなのか?

拷問です。

その後、ようやく診察となりましたが、病院に着いてから六時間たっての診察ですショボーン

長くなったので明日に続きます。

本日は日赤通院日


年末に不要な点滴をキャンセルし、今日は担当医から直接予約を取った通院日です。

しかし、いくなり点滴を打たれそうになって、何の点滴ですか?と聞いたら、前回の点滴予約がキャンセルされてなかったそうで、はい⁉️なにそれ?しっかりしてよ?と不安になりました。

そこから担当医の受付係が来て、では違う点滴打ちますねー。

と言うから何の点滴かとまた聞いてみたら、菌を出す点滴です。

って、イヤイヤ

膀胱からの出血は止まったって電話で担当医にハッキリ伝えましたよ。

大丈夫かい?

ちゃんと聞いてくれてる?

で、点滴はやめて採血と採尿。

その後診察となったけど、担当医は説明を全然しない。

だから、母の話があやふやだったのかと納得です。

そして痛み止めを打ってもらいました。

痛みは即座に消えたけどふらつく症状がでてきてしばし安静に。

痛みの原因はMRIをとって調べるそう。

入院するかと聞かれたけど

本人が入院はもうしたくない。と言ってるので明日も通院です。