顕著に出た B6*不足

先日メチオニンのことを記事にしましたが、飲み始めてしばらくしてから夢見が悪かったんです。

でもまあ、悪夢というほどでもないので流したんだけど、3錠/dayにしてから2日目に完全なる悪夢を見ました❗️

なんと、Gを素足で踏み潰しちゃったんですよ

ショックのあまり、思わず足がビクッとなって目が醒めとても疲れた気分になりましたよ。

またすぐ寝たんだけど翌朝夫に「夕べ寝言で叫んでなかった⁉️」って

私、叫び声まで挙げてた模様

これはB6不足決定ですかね⁉️

メチオニンのサプリには一応B6も入ってて、1000mgに対してB6  20mgあればいけるよ。的な感じなんですかね?

でも私の場合はこれでは通して貰えないようで、B6を慌てて増やしました。

2度とあんな夢は見たくないですからね

同様にメチオニンを飲んでる娘にも確認したら、夢見は悪くないけど肌が少しざらつく。と言うので娘にもB6を足して様子を見ています

私の方はGの悪夢以来、夢見の悪さは落ち着きました😊

SAMeの働きでヒスタミンが代謝されてる模様

ヒスタミンはSAMeによって代謝されるため高メチルではヒスタミンは減少する。




この観点から言えばメチオニンを飲んでいれば、SAMeへと変換され体内のヒスタミン値が下がり、ナイアシンフラッシュも起こりにくくなるはず。


ですよね?


だけど先月1月19日からメチオニンを飲んでるのに、ナイアシン100mgでも相変わらず真っ赤っかになる。
と言うことはやっぱり量なんだろうか?


はじめの1週間はメチオニン500mgを1日1錠飲んで、2週目は2錠にしていました。

そして3週間目となった先日1日3錠にしてみました。


そしたらあれ⁉️それまで出ていたナイアシンフラッシュが出ない爆笑


とひとり興奮してしまいましたあせる


毎日痒いし真っ赤になるし、糖質も控えてるのにいつまでも続くフラッシュに辟易としていました。

思い起こせばフラッシュせず400mg*3/dayを飲めてた時期もあったのに、プロテインが飲めなくなりそれに続いてナイアシンもフラッシュがきつくなり量が飲めなくなっていました。

プロテインを飲めなくなったことで、SAMeが充分量作れずヒスタミンを溜め込んでいたのだと思われます。


藤川先生がまずはたんぱく質❗️といわれる所以ですね。


だけどメチオニンを増やしてから昼間が異常に眠くて眠くてあせる


同様にメチオニンを飲ませてる娘も同じことをいい、本当に珍しく昼寝をしてそれでも夜は夜で眠くて早く寝れたそう。

11時間寝てたけど、もしかセロトニン過剰ということが起こりうるんでしょうか?それも昼間に?


どのみち1500mg/dayは過剰かな⁉️と思うので、当面1000mg/dayで様子をみたいと思います。

あ、ナイアシンは慎重に増量したいと思います。

L-メチオニン500

糖質は癌の餌というけど実際のところは?

タイトル通りの疑問を持っていました。

高濃度ビタミンC点滴による癌の治療法は、

どれもネットや本の情報であり、自分の体で試したわけではないからあくまで知識です。

それが母の様子を通して、やはり糖質ががんを増殖させてることに確信を持たざるをえなくなりました。

というのも、高濃度ビタミンC点滴を受けながらも、我慢できずこっそりジュース、お菓子を食べてた母。

水面下でじわじわ癌を育てていた筈です。

なぜなら歩けなくなった時に死を受け入れた母に対し、本人の希望により糖質制限を解除しました。

何が食べたい?

塩にぎり

オムライス

デパ地下の田舎巻き寿司

クラッカー

これらを食べさせた直後、今まで痛みのなかった腹部が猛烈に痛みだしました。

さすがに諦めた命といえどあまりの苦しみに見ていられなかった夫が、母に話して野菜の煮物などに変更しました。

と言ってもこのあとほとんど食べれなくなるわけですが。

癌細胞が増殖するときに痛みが出る。とも聞きます。

猛烈に痛い!と思えば全然痛まない。

を繰り返すそう。

そして、こちらでも緩い糖質制限では難しいことがかかれてあります↓

https://www.facebook.com/761296493983488/posts/3605294402917002/ ひろい内科クリニック78歳男性悪性中皮腫癌性胸膜炎ステージ42018.8月他院にて遺伝子治療2019.8月より当院通院中です。悪性中皮腫は、未治療2年生存率20% 健康保険治療(抗がん剤、放射線治療)で5年生存率32%当院では、NK細胞療法高濃度ビタミンC点滴コロイドヨード点滴など自費治療をされていましたが糖質制限が緩く治療効果が出ません…www.facebook.com

私も市販のお菓子を食べるとすぐに炎症が起きるので感覚的に理解ができます。


https://youtu.be/gA3ysVMVpHo【健康TV】リウマチを自分で治した!?健康家族が営むお好み焼き屋がすごかった!【後編】【健康TV】前回に引き続き、広島県愛宕町にある「西国街道お好みカフェ あたご屋さん」のおかみさん、和子さん。ご主人のきよ吉さんにインタビューさせていただきました♪リウマチ、痛風、高血圧と色々な病気で悩む人に是非届きますように。「自分の体は自分にしか治せない」なったのには理由があるんです。是非、直接あたご屋さんにも…youtu.be


きっちりやれば結果が出る。ですね。

メチレーションの高低どちらのタイプ?

最近娘の不眠対策にナイアシンを盛ってたのだけど、藤川先生のこの投稿を見て気になったことが…

プロテイン+メガビタミンは凄いよ!その後 | 精神科医こてつ名誉院長のブログ (ameblo.jp)

ナイアシンはメチル基受容体ですので、レシチンでメチル基を供給すればとても良いと思います。

メチル基とメチル基受容体だと?

娘にナイアシンだけではないけど寝る前にいくつかのサプリを飲ませて始めは効果的だったが、そのうち寝る時間が遅くなっていき・・・・・

本人が寝る気もなくダラダラとタブレットを見てるせいか?つまり寝る気がないのか?

それとも本当に不眠なのか?

と疑問だったけど低メチルタイプにナイアシン過剰はダウン系に偏るとも聞く。

せっかく摂ったサプリが仇となっては嫌なのでちょっと調べてみたところ、分かりやすいサイトを見つけました。

高メチルタイプか低メチルタイプか日本では調べられず、米国での輸送検査となると高額なため、血液検査の1部から推測が可能である程度の指標となるそうです。(白血球数と好塩基球の割合)

ここで繋がったのがマイケルレッサーの著書にあった夢想タイプにお勧めの「メチオニン」

低メチレーションタイプはメチル基の材料となるメチオニンを多くとるように上記ブログで勧められており、もうこの辺まで読んで自分は低メチルだと察しました。

夫は戦士タイプだったのでどちらかといえば高メチルタイプ。マイケルレッサー著書では肉を減らすように。とあり繋がります。

またメチレーション状態はメチル化反応を進めるSAMeサムイーと、それを止めるSAH(Sアデノシルホモシステイン)の比率で決まり、ヒスタミンはSAMeによって代謝されるため高メチルではヒスタミンは減少し、逆もしかりということ。

なるほど私がナイアシンフラッシュがいつまでも続くのも頷ける。

娘も幼いころからアレルギ―持ち。

だけど夫に花粉症があるので、そう高メチルというわけでもなさそう。

手元にあった血液検査の白血球数と好塩基球の割合から探ると、私74 夫47 となりやはり私は低メチル。

夫はやや高メチルより。ということになりそうです。

宮澤医院のブログを読んでみて、日本の医療がいかに少ない情報量でやり繰りし破綻しているのかがわかります。

また私の場合は脳疲労が強くおそらく娘も同様で、胃腸が弱くたんぱく質を十分量取れない場合は藤川理論からは外れるかもだけど、メチオニンなどのサプリで1時的にフォローするのもありだと思います。

母 吐血 そして入院

朝5時ごろ血を吐いた母。

救急外来にお世話になることに。

若い医師が対応されましたが仕事が的確で、担当医ではなくよかった。

腹部に膿か腫瘍のようなものがあってそのあたり、もしくは元の病相のあった胃癌が直りきらずの出血かもしれない、どのみち緊急入院でした。

翌、月曜日には入院申請をしようと思ってたので気持ちは定まってました。

ただいつもの担当医の見立ての不自然さがここでも露見しました。

まず胃がんが治った。といってたこと。

出血してないか?という問いに対しノーといったこと。

先月の受診時に血液検査の結果から血小板が低い。と担当医が言ったので

付き添ってくれてた夫が「なぜ血小板が低値なのか?」と説明を求めたら、

「造血がうまくできてないからです。」

との回答に対し、さらに夫が「血小板とは尿や汗で排せつされることはあるのか?」

担当医「ないです。」

夫「でしたら、どこかに出血があるのでは無いですか?」

担当医「いや、造血がうまくできてないからです。」

上記のようなやり取りを再三したそうです。

夫は出血を疑ったようです。なにせ腹部をものすごく痛がってましたから。

それに対し担当医は「造血ができてないから。」の一点張りでした。

結局は出血がありました。

いつどのタイミングから?と言われれば明確な証明になるようなデータがあるのか?ないのか?素人にはわかりませんが、少なくとも若い救急外来の医師は出血を認めましたし、他の医師の説明はよくこちらも理解できたので、担当医は医師のスタンダードから明らかに外れているのは確かです。

よく肥えた方で宿直も多いようでコンビニ食が多いのでしょう。頭が回ってないのは見て取れます。

まずはICUへ入院。

トラマール12錠/dayの代わりに麻酔科よりお出しいただいた張り薬がよかったのですが毎日張り替えねばならず、今日の分を持参してなかったので困ったのですが、担当医に「張り薬を1枚出したくないから自宅に取りに帰ってくれ。」と言われ、また往復することに。

なのになぜか自宅に帰ったタイミングで担当医から電話があっていつもの安部元総理のようなしどろもどろ口調で「娘さんが大変ならこちらで張り薬だします。」とか謎の変更。

断りましたが、随分姿勢が変わったな。と感じてたら、やはり母の方にも飛んできてえらく姿勢が変わったそうな。

緩和に移ることでいろんな目が入るし、

麻酔科の先生に担当医のことを少し言ったのがよかったのかもしれません。

麻酔科の先生が「え?遠方からわざわざ届させるわけ?」と言ってくれたのかも。

2月1日に髄注をする予定だったけど、これしなくてよくなったそうで母が喜んでました。

まだそこまで必要のないことをされてたのか?

これやり出してから体力、脳力めちゃめちゃ弱りましたから。

医者もサラリーマン。

いろんな方がいますから貧乏くじひくと本当に殺されます。