コーヒーが鬼門だったとは

プロテインを飲めたら飲めたで攻撃性が出てきた問題ですが、それとなく調べてたらどうやらCOMT(カテコールOメチル基)と言うのがあるらしい。

このCOMTというのが、

アドレナリン

ノルアドレナリン

を、速やかに分解するそう。

そして、このCOMTの働きを阻害するのが

カフェイン

カテキン

チョコレート

ケルセチン

らしい。

て、私の大好きな緑茶やコーヒーじゃないですか❗️

コーヒーは1日2杯

緑茶は3杯か4杯です。

多いですか?

まあ言われてみればどちらも午前中に飲むことが多く、カフェインとイライラが比例していなくはないかも

できれば減らしたくないな。

カフェイン自体がアドレナリンの分泌を促すけど、体感的にはコーヒーだけだと大して感じないんですが。

下矢印

カフェインはアルカロイドという物質の一種で、脳に働きかけてアドレナリンの分泌を促す作用があります。紅茶や緑茶にも含まれていますが、アドレナリンの分泌促進はコーヒーが一番強いようです。 アドレナリンが分泌されると、肝臓に蓄えられていた栄養(グリコーゲン・たんぱく質・脂肪など)が血液中に流出します。このグリコーゲンはアドレナリンによってブドウ糖に分解され血液中へと流れるので、その結果脳や筋肉の隅々までブドウ糖が行き渡り、血糖値が上がってエネルギー代謝が起こります。

リンク

http://www.ncafe.co.jp/2016/07/21/post-447/コーヒーの効能これだけ世界中に広まっているコーヒーですが、飲んでいる人にはどのような影響を与えるのかご存知でしょうか? コー…www.ncafe.co.jp

やっぱりプロテイン増量と、カフェインの関与でアドレナリン値が更に上がってるんだろうな。

脂肪か。

痩せないかな⁉️

それはさておき。

マイケルレッサー氏はビタミンCがアドレナリン値を下げると言うし、血液検査で亜鉛の数値も今一つだったから、銅過剰でアドレナリンが過剰になってるのかもしれないし

と、取り敢えずカフェイン断ちは避けたいので、サプリで解決しないかやってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です