今後の治療方針と空亡

昨夜母と夫と話しました。

母の出した結論は今後も日赤で痛みをコントロールしながら、高濃度ビタミンC点滴に通い、新たに免疫療法も受けるということでした。

その他の提案であった、

抗癌剤、放射線は受けない。もう体がもたない。

そこでかねてより感じてた疑問を聞いてみました?

病気を軽く考えてないか?

yes。根拠なく治るものだと思っていた。

買い食いをしてないか?

yes。ホットレモン。プリッツ。ビスケット。

1日量は少ないがほぼ毎日食べていた。

これですかね?

癌が悪化した原因。

入院中さんざんやられてるので、買い食いがどれ程のことをしてるのか不明。

ただ腫瘍マーカーが減ってるなら、血液中のがん細胞は点滴したアスコルビン酸が捉えたのではないか?

本当に断糖したなら神経癌の破壊まで辿りついてくれるのだろうか?

現在空亡4連チャンの母。2月の節入りからは年運が偏印倒食します。
絶望的な運勢だけどやれるだけはやってみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です