高圧電流による被害か?白血病様の症状で保育器に入った日

昨日書かせて頂いたスマートメーターの件。

実はアナログメーター交換への希望理由のひとつに、私自身小児の頃に電磁波被害にあったからです。

母から以下のような話を聞かされてました。

「あんたを出産してから一旦は退院したけど、まもなく白血球が以上に増える病気で、入院して保育器に入ってたんよ~。」

医者は白血病じゃないけど白血球が以上に増えてる、って言ってたよ。」

と説明にならない説明をしてくれる母。

実は20歳ごろに実家の郵便受けにはいってたチラシ。

高圧電線の鉄塔と電磁波被害による白血病患者の当地における患者数は云々。

記憶の片隅にはあったのですが、時は流れて現在ネットをみてかつてのチラシの意味が分かりました。

丸レッド住宅やマンションの上を7万7000ボルト、15万4000ボルトの高圧送電線が走り、巨大な鉄塔が並ぶ街。

丸レッド電磁波4mG以上で小児白血病が2倍以上」の報告もある中、鉄塔の真下の保育園では、電磁波測定器は『36.1mG』を指した。

丸レッド変電所に隣接するかたちで高圧電線の鉄塔が密集した地域であり約160世帯で70人以上がガンで亡くなっている。

丸レッドたくさんのホコリが家じゅうに積もる。

丸レッド夜鉄塔付近に蛍光管を持っていくと青白く光る。

丸レッドこの市を離れると電磁波の数値は徐々に下がっていく。

私はこの市で生まれ2歳ごろまでは鉄塔のそば。

途中引っ越し9歳ごろにまた戻ってきました。

実際に戻ってからは顕著に病気をしました。

心臓病 盲腸 肺炎

栄養状態も悪かったです。

なので余計に影響を受けたのかもしれません。

結婚して実家をでてから祖母に血色がよくなったと言われたこともありました。

実際にこの電磁波の影響なのかはわかりませんが、大阪でも有数の治安に問題のある地域でもあり、ヤンキー、障害者が多く、子どもたち全体に成績が悪い。とも言われています。

小学生のころはいじめが多く、中学校は荒れ果てていました。

引っ越し前の小学校ではいじめらしきことの多少はあったけれど、そこまであからさまではなかったです。

犯罪も多く同級生たちも手を染めていました。

私も鉄塔付近で怖いおじさんに絡まれたり、ヤンキーじゃなくともマウントとりまくる若い子が多いのも今なら頷けます。

そこに住んでいた時にはわからなかったんですが、他の地域に住んでみることでそこそこの地域性、問題がよくわかりました。

そして住んでいる人たちが鉄塔の事を全く話題にしたことがなかったので、知らずに狂っていくってますます怖いと思います。

だけど現代はそのような問題のある土地に住まなくとも、スマートメーターやスマホ、オール電化による健康被害は免れないようです。

だけど不要なものまで背負う必要はないので、スマートメーターに関しては従来のものに交換に応じて頂けよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です