宗教の実態

ご訪問頂きありがとうございます。

今日はからだの栄養ではなく心の栄養、私が体験した宗教のことを書かせた頂きたいと思います。

もしも宗教を信仰されてる方に不快な思いをさせてしまったらごめんなさい😣

というのも私は宗教に関心がなく自分には一生縁のないものと思っていました。

矛盾するようですが神社仏閣の雰囲気は大好きで護摩炊きや初詣などには喜んでいきます。

子どもの頃に信仰してる大人が他宗教を批判する姿を見たことがあり、そのの心が受け入れられずなんとなく宗教にはずっと距離を取っていました。

また都会暮らしだったことも理由の一つかもしれません。

現在住む田舎の近所の親戚宅ではお寺さんが来られたり、神社への寄付が年に何回か昔からの習慣として来ます。

暮らしのなかに自然と宗教がある。日本ってそんな国だったんだなと思います。

そして少しホッとするような、そこに人と人とのつながりが一昔前には自然とあって、子どもたちも多くの大人たちに見守られ安心して育ったんだろうな。と、宗教があることのいい側面はたくさんあるとは思います。

ただ、自分が〇〇教に入信するとかはイメージが沸かずにいました。

他力本願。拝んだりお布施をすることで幸せになるとは思えないんです。

ここから時をさかのぼり娘が中2のころ、質的栄養失調により私も娘も荒れに荒れてつらかったあのころです、親子で天中殺が明けるぞ~と待ちに待った夜明けから数日後にぴんぽ~ん。と我が家の呼び鈴を鳴らしてくださった方が、我が家のお助けマンとなりました。

その方は宗教の方だけどそうじゃない。みたいなかたでした。

後で詳しくわかったのですが、ある大きな宗教に属する方で、どの宗教も同じかな?

おおもとがあって幾つにも地域によって枝分かれして、支部とかの名前がついている。

そんな感じでその方Yさんの属するところはおおもとの宗教の教えよりも、とある先生の教えをとても重んじている。

私の解釈だとおおもとの宗教から半独立している。そんな感じでした。

その当時は周りとの付き合いもほぼない状態だった我が家。

Yさんは講演会へと誘って下さり、宗教からくる先生だけど誰でも入っていい、子育ての話が聞けるとのことで、天中殺明けに運命の神様はこの方を私の元へと運んでくれたんだろう。と理解し行ってみました。

その講演会の先生はとても素敵なあたたかいおふくろさん。といった感じで大仰な先生様と言う感じもなくご自身の家庭をよくすることで、様々な事がよくなった。という話でしたが内容が心が洗われるようで、当時家の中で毎日娘とふたり。疲れ淀んでいた心にはありがたいお話でした。

その話をきいてすごく心が楽になったんですが、きっともともとは素直な心で生きていたいと思っても、苦労があったり人との軋轢の中で過剰に防御するようになったりで心が歪んだりしてそれに対し自分自身も苦しんでしまう。

そこを自然な状態に戻してもらった、いいと思うことを素直に行動する、言葉にできるようにならせてもらったような感じです。

そして公の施設で行われた講演会ではなくいつも活動している場所に誘われました。

講演会で得るものがたくさんあったので行ってみることにしました。

我が家から車で1時間ほどの距離、結構かかりました。

そこでは皆さんが信頼する地区先生のお話が聞けます。

先生はみんなに向かって話をします。

みんな別に普通の人です。目がイッテル人とかはいません😅

お話を聞いてると、自分のずれてるところに気づかされます。

人としてだったり、妻として、母として・・・

それを是正するのは自分自身であって先生はあ~しろこ~しろとは言いません。

直接聞きに行けば応えてくださいます。

その中であ~私はとにかく人の言うことを聞かないんだな~。と気づかされました。

明らかに尊敬できる人の話以外は聞かない。だからいろんなことを遠回りしてきたんだ。と思いました。だって尊敬できる人はそう居ません。

藤川先生のところへもこのお話を聞いてから行ったのがよかった。

でないと「プロテインを飲みなさい」とか「ビタミンCは合成品で構わない」

これが以前の私なら「なんでそこでプロテインなの?」とか

「合成品のアスコルビン酸なんか飲んだら体に悪くない?天然品でないとだめでしょう」

とか頭の中で言葉が生まれてきて素直に聞けない。納得できないことはやらない。

まあ恐怖心からなんですが、中途半端に我流でやって結果も得られないようになってたかもしれませんがお話のおかげで素直にわかりました。といって実行できました。

ここまでお読みくださった方は「えっ、たったそんなこともいうこと聞けないの?」って呆れられるかな😣はずかしいんですがもの凄く受け入れるのが下手なんだと思います。

有難いお話にふれて気づいたことや変化がたくさんありました。今は割愛します。

そこに行こうと思ったのは自力本願だったからです。

ここだけは大事なんですが、お金や拝むだけでは何も変わらない。と言うのが先生の考えかたでした。

誘われるままにちょこちょこ行かせて頂きましたが、話はいいんだけどやっぱりいかなる宗教団体に属しているのかを知らないとなんとなく座りが悪い。

ということで地区先生ではなく本当の先生がいる場所(県外)に早々に伺うことにしました。

そこに行って自分の目で見て何もおかしなことはない。怖いことはない。

普通の方たちが自分の人生をよくするために学びに来てるところだと確信し、自分なりに心の中でオッケーが出ました。

というか今そこの方たちと話しててもみんな真面目、おとなしい、まとも。私の方が経歴はやんちゃ無茶して来てる、鉄不足のせいかいろんなところで切れて来たし、なんならあちらの方のほうがすごいの来た。と思われてるかも・・・

と本当に失礼な警戒心を持っていた私でしたが本当に家庭作りから人間関係、子育てと学ばせてもらって特に人間関係なんて驚くほどに順調になりました。

また驚いたことに入会手続き(紙に名前とか住所書いて多少の年会費とか)もなくて一年以上時間のある時に行かせてもらってるんですが、毎回トイレは使わせてもらうし無料でなんだか申し訳ないほどです。

きっと多くの国内にある宗教はまっとうに活動してるんだけど、一部のクレイジーな新興宗教によってイメージを悪くされてかえって迷惑こうむってるんだろうなと思うし、突き詰めればどの宗教も教義は似たようなもんじゃないのかな~と思います。

人として大切なことは同じですよね😊

ただ私は運命の神様が運んでくださったYさんとご縁があっただけ。と思ってます。

おもしろいのはそこで教えて頂く因縁と言うものがあって、四柱推命ともすごくシンクロします。そして人の集まる所はデータの宝庫。

不謹慎ですが自分のデータ収集としても面白い場所なんです。

という訳でなんだか勝手に拒否していた宗教も悪いものではありませんでした。

きっと必要な人にはやってくるご縁なんだと思います😊

拙いブログをお読みいただきありがとうございます。

“宗教の実態” への1件の返信

  1. ピンバック: 2020年 ゲッターズ飯田さんの占い – みゅしゃの家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です